名古屋飯☆どて煮 ~どて飯ランチ
f0192151_22184593.jpg

* nico@cafe ランチ *
どて飯
ほうれん草のおひたし

美味しそうな牛すじ肉を見つけたら、真っ先に頭に思い浮かぶのが「どて煮」です。
居酒屋などでもよく食べられる、名古屋のご当地グルメ。
追記:どては「もつ」でもよく作られます。家は母がすじで作っていたのですじが多いですが、もつも時々作ります。
八丁味噌を甘辛く味付けて、すじ肉をじっくりトロトロになるまで煮込みます。
にんじん・こんにゃく・大根・卵も一緒にコトコト。
そのまま食べてお酒のあてにしてもよし、ご飯にかけてどて飯にしてもよし、串かつと合せて食べるのもまた絶品です。
手間や時間がかかる分、たくさん作りました。
f0192151_2219724.jpg

まずはお鍋に、すじ肉と生姜の皮とネギの青い部分とたっぷりの水を入れ、1時間ぐらいこまめに灰汁を取り除きながら煮込みます。
生姜の皮とネギを取り除き、肉をザルにあげてサッと洗います。
鍋をいったん洗い、その中に赤味噌と砂糖とみりんを入れてよく混ぜ合わせ、たっぷりのカツオだしを加えてすじ肉も加えて、蓋をせずに水分が半量くらいになるまで1時間以上コトコト弱火で煮込みます。
私は、 すじ肉700g・赤味噌250g・鰹だし1.5ℓくらい(かな)・砂糖は覚えてないのですが、100gくらいかなぁ・みりんも覚えてないけど50ccくらいかな?もう少し入れたかな?
砂糖とみりんはお好みの甘さで調整して入れるといいと思います。あと私はたっぷりの生姜みじん切りも一緒に煮込みます。
また作る時に分量を量ろうと思います(><)
f0192151_22191793.jpg

決めては味噌です。
我が家のどて煮はカクキューのこの八丁味噌がなくては味が決まりません。
スーパーで売っているお味噌汁用の味噌と比べると水分がほとんどないお味噌です。
粘土くらいの固さの八丁味噌。
もちろんこれでお味噌汁作っても美味しいです。
f0192151_22193075.jpg

もうひとつ、一味唐辛子。
父方の実家が長野の善光寺のすぐそばで、この一味は子供の頃から見慣れたものでした。
善光寺の名物ですが、今ではけっこうどこのデパートでも売っていますよね(^^)
この一味をパラリとふっていただきま~す。
f0192151_22194910.jpg

張り切りすぎて飽きるほど作ってしまいました。
冷凍したかったのですが、こんにゃくをた~~くさん入れてしまったので、冷凍できず(^^;)
しばらくどて煮はいりません~(笑)

f0192151_22253693.jpg

6ヶ月になる前に購入したバンボ。
こういうものって一人目で購入しないと、二人目ではたぶん買わないな・・・と思って購入決意しました。
離乳食を食べさせるときに大活躍しています(^^)
テーブルの上にのっけて座らせるとちょうどいい高さで食べさせやすいんです。
そして座り姿が可愛いの!
すっぽりはまるので、前から見ると折りたたまれたように小さくなるんです(笑)
初めて座らせた時はみんなで爆笑でした。

我が家はお風呂で使用したことはないのですが、このまま入れられるようですし便利ですよね。
カラーはたくさんあるので迷いましたが、男の子でも女の子でも使えるレッドにしました。
でもライムやミント、ライラックの色でもよかったなぁ~と思います。
使用できるのは、首が据わってから10kgまで。タク坊8kg超え・・・あとどのくらい使えるかなぁ。

nico@cafeに遊びに来ていただきありがとうございます。
今日も応援ポチっとしていただけるととても嬉しいです(*^^*)
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ


いつも応援ありがとうございます☆感謝です

今日は、苺ジャムを仕込みました。
そして、果肉付きのヘタで自家製酵母を作ろうと仕込み。
いったい何度自家製酵母に失敗していることでしょう。
weckにゴムパッキンをつけて使用しているのですが、密閉性が低いのかなぁ・・・
これまで成功したのはレーズンヨーグルト酵母のみ。
なので保険としてカスピ海ヨーグルト酵母も別で仕込みました。
今度こそうまくいきますように(><)
f0192151_22424679.jpg

[PR]
by presidentet1982 | 2011-03-04 22:42 | ◎ ごはんメニュー
<< お気に入りのアイスと路地裏の雑... ヘルシー大豆入り☆親子丼 ~b... >>